2011年05月20日

読み聞かせ

姫が6ヶ月位になってから、ほぼ毎日お昼寝と夜寝る前に絵本の読み聞かせをしています。

絵本は図書館からこまめに借りていろんなものを読ませています。

最初はこれ

赤ちゃんのためのことばの絵本


とってもシンプルで赤ちゃんにはちょうどいい長さ。姫はじいっと見つめていました。

寝かしつけはこれ

おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)

これは新しい本を図書館からいただきました。
お月様がとってもきれいでかわいいのです。物語もいないいないばあ♫という感じ。

1歳前後はこれ

はやくねようね、ペネロペ (ペネロペできるかなえほん)

「この本をマミーが読むともうねんねだ!」と思うらしく、途中で閉じられることしばしば。

1歳半位からはミッフィーちゃんに夢中!

ちいさなうさこちゃん (1才からのうさこちゃんの絵本セット1) (子どもがはじめてであう絵本)
そしてももんちゃんシリーズ
すりすりももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

すっごくお気に入りでほかの本を勧めても「これ、これ!!」と言ってせがまれました。読んだあとはすりすり攻撃。夜中目が覚めて30分ほどすりすりされているとさすがに辛かった。可愛いんだけど、ネムイ。

最近はノンタン。
ノンタンほわほわほわわ (ノンタンあそぼうよ (5))


こぐまちゃんシリーズ

こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)


アンパンマンは好きだけど、まだ早いのか全然見向きもしません。発達にあわせて興味をもつ本が変わってくるのがおもしろいです。成長を感じます。

私は幼稚園に入ってからずっと読書が大好きな子でした。年長さんのときに沢山の童話を読んだことを覚えています。姫はどうなるかわかりませんが、本の素晴らしさを伝えられたらいいな〜と思っています。
posted by kana at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | らぶベビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206428162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。