2006年10月26日

ハセツネ日記E

リタイアしたいという気持ちは大ダワでピークをむかえていたらしく、大岳山に向かう途中は目標タイムが気になっていました。

ひそかに目標タイムを15時間
としていたので、このままでは間に合わないよ〜(ノД`)・゜・。
という焦りが出てきました

もちろん水が十分あったということもメンタルの支えでした
水はまさに命です

長い長い道を走り、ようやく岩場が見えたときは
「やった!!もうすぐだよ!!」と自分を励ましました

試走で頭をぶつけた岩までも励ましてくれているような
そんな気もしていました

atama.JPG
ここです(試走時)

ようやく山頂についたとき、美しい満月の夜空に心がふるえました
ゆっくりと深呼吸し、じっくりとその美しさをこころに刻みました

チョコをちょっと食べ、すぐに出発
ゆっくり休むとまた筋肉がかたくなってしまうから、冷えないうちに!!
と休みたい気持ちに鞭打って進みました

その後は岩場の下りが続きます
足場が危険なところで、片足をすべらせてしまいました
ガラガラっと落ちる岩の音で、
そこがかなり危ない場所だということがわかりました( ̄▼ ̄|||)

あ、あぶなかった、、、、

ヘッドライトだけで過ごしてきましたが、ハンドライトも必要だと判断してそこから使うことにしました


爪はびりびりと痛み、太ももはつった様な痛みがあり、くるぶしもなぜか痛み、体はもう限界をとっくに超えているはずだったのですが

「早くゴールしたい!!」
という気持ちが私を動かしていました

3cp手前に湧き水が飲めるところがあるのですが
まだ水が残っていたので手を洗って通り過ぎました

するとだんだんとライトが暗くなり始め、
大ピンチ  ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

3cpで座って電池交換しましたが、なぜかつきません
何度もプラスマイナスを確認して入れなおしたりしたのですが、、、

つきませんil||li(つд-。)il||li

焦る私

結局30分くらいがんばりましたがダメで

「もういい!ハンドライトだけで!!」と決意しました

しかし、、あとゴールまで2時間はかかるところ
電池は1時間半分しかなく、、、

なんとかなるだろう

と強気で日の出山を下りました

長い長い下りで何度も嫌になり歩きました
でも電池の事もあるのでうかうかしていられません

そして1時間きっかり
電池が無くなりライトが消灯。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン

前の方を呼びとめ、電池交換時照らしてもらいました
すばらしい方です。ありがとうございました  人´Д`*)

あと5キロ!!あと5キロが長い!!夜が明ける前にゴールしたい!!
でも無常にも時間が過ぎてしまい、夜が明け、まぶしい朝日がみえました
がっかり、、、

時間も16時間を過ぎてしまいました
でも17時間になるのは嫌!!

最後の力をふりしぼって走りました

あともう少し!!
町にかえってきました
足が重く、つま先の痛みはさらに激しくなります

ゴールまであと100メートル!!

ゴールにはチームのNさん、AKI、友人やまけんが私を待っていました

ゴール!!!!!!
 
感動より先に、「ごめんなさい、遅くて、、」
と謝っていました

いすに座ったまま、一歩も動けませんでした
あしたのジョーのごとく燃え尽きた私がいました

終わったんだ、、、、




posted by kana at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | らぶトレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26217394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。